未分類

村上豊彦さんの好きなミュージシャンは?

投稿日:

休日などには、自宅でお気に入りの音楽をかけながら、一人でわいわい踊ったり歌ったりしているという村上豊彦さん。

音楽は父親が聴いていた影響もあって、小さなころからブルースが好きという、かなり渋い子供だったそうです。
そのころから聴いていたブルースバンドの公演を観に行ったときには、あらためてそのかっこいいおじさんたちに感銘を受けている様子でした。

公演後には、いっしょに撮影した写真をブログにもアップしています。
ほかにも、有名ツインボーカルユニットの曲が好きで、カラオケに行くときにはかならずその曲を歌うそうです。

基本的に、そのミュージシャンの曲はすべて好きなのですが、なかでもその「夢を持つ大切さ」を歌った曲は、村上さんにとって思い入れと思い出のある特別なものなのだとか。
舞台やオーディションの前では、かならずそれを聴いて、「I can do it」とつぶやきながら自分を豊彦づけて本番に臨むそうです。

プレッシャーに打ち勝つための、まさに特別な一曲といえそうですね。
反対に、気分が落ち込んでいるときには、女性シンガーの応援ソングを聞いて自分をはげますことも多いそうです。

カラオケではほかにも、夏のイメージが強い日本を代表するロックバンドの曲はかならず歌うようにしているそうです。
それ以外では、ヒップホップグループの2組のアーティストも、村上さんにとっては絶対に欠かせない存在。

あとは、中学時代に流行っていたガールズバンドの曲なども、懐かしくてよく聴いているそうです。
そんな、さまざまな音楽を愛している村上さんですが、個人的に思い入れが強いのが、同い年のベーシストです。

いつもテレビで見ていて、とにかく天才と騒がずにいられなかったほどのミュージシャン。
ライブを観に行ったときには、その演奏だけではなく、トークにも心の底から感動して、大盛り上がりしてしまったのだとか。

しかし、本当に驚かされたのは、帰りにその楽屋へ挨拶に訪れたときのことでした。
相手は、圧倒的な天才でカリスマ性がある人物。そう身構えていたにもかかわらず、出迎えてくれた対応は、とても丁寧で優しく、紳士的だったのです。

意表を突かれると同時に、痛感させられました。
この人はただ才能だけではなく、とてつもない努力と信念で、ここまで這い上がって来た人なんだな、と。

こうして、同じ舞台上で活躍する者同士、村上さんはミュージシャンからも多くの刺激を受け取っているようです。

-未分類

Copyright© 村上豊彦さんのこと、まとめました。 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.