管理人による紹介記事

オーディションについて

投稿日:

芸能人になるには、まず路上でスカウトされなければいけない。そんなイメージが、けっこうありますよね。
でも、じつはそれは芸能人のなかでもほんの一部にすぎないんです。

ほとんどの人は、芸能事務所などが開催するオーディションを受けてそれに合格、所属するという形が一般的なんです。
現在活躍しているタレントのなかにも、この流れでスターまで駆け上がっていった人がたくさんいます。
それまでは、私たちと同じようにまったく一般人だったわけですね。

そう考えると、なかなか夢のある話だと思いませんか。

オーディションの多くは、先ほど言ったように、芸能事務所が所属タレントを募集しているものとなっています。
そのほかにも、全国から参加者を募ったコンテストや、グループのメンバー募集、映画やドラマ出演のためのオーディションなどがあります。

また、テレビ番組の企画や、雑誌がモデルを募集するものもあります。
基本的に、どのオーディションを受けるにしても、まずは写真や自己PRなどを記した履歴書を送るところから始まります。

書類選考を通過すると、次に面接や実技審査などが行われることになります。
ここで、どれだけ自分をアピールできるかどうかが、合格するための大きなターニングポイントとなります。

オーディションというのは新人を発掘する場所なので、審査する側もそこまで完成度を求めてはいません。
もちろん、ルックスやスタイル、演技力や歌唱力が優れているのに越したことはありません。
でも、それよりどれだけ自分の魅力を伝えることができるか、ということが重要なポイントになってくるんです。

自分は何のために芸能界に入りたいのか、そしてどんなことが得意なのか。

堂々と自信を持って、自分らしさをアピールすることができれば、ぐっと合格につながりやすくなります。
もちろん、芸能人だからといって一般社会のルールを知らないのは問題外です。挨拶や礼儀などもしっかり見られているので、ちゃんと身につけておかなければいけません。
そうやって考えると、ある意味、一般企業の面接とそれほど大きな違いはないのかもしれませんね。

それにプラスして、どれだけ個性を輝かせることができるか、がカギとなります。
ちなみに、現在スターとなっているタレントのなかでも、何度もオーディションに落ちたという人は珍しくありません。

ただ、芸能人になりたいと夢を見ているだけでは何も始らないのです。
自分から勇気を出して、一歩踏み出していくことが大切だということがよく分かりますね。

現在では、インターネット上での募集や、地方での予選も多く行われるようになりました。

一年中どこかで何かしらのオーディションが開催されているので、芸能界を目指している人は、自分が何を目指しているのかよく考えて選んでみるとよいでしょう。

 

■参考動画

養成所が主催する一斉オーディション

 

読者モデル、アイドルのオーディション

-管理人による紹介記事

Copyright© 村上豊彦さんのこと、まとめました。 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.