管理人による紹介記事

芸能事務所について

投稿日:

芸能活動をするなら、まず芸能事務所に所属しないといけない。そんなふうに考えている人、多くないですか?
でも、芸能人というのは資格も何も必要としていません。
たとえば、今日から自分は芸能人だと名乗ればそれだけで芸能人になることはできてしまうんです。
実際に、テレビなどで活躍しているタレントのなかにもフリーの方はいます。

では、なぜ多くのタレントは事務所に所属しているのでしょうか?
芸能事務所のおもな仕事は、所属タレントのマネージメントです。所属するタレントに合った仕事を割り振り、そのギャラ交渉から契約、そしてスケジュール管理から交通手配まで、あらゆる面でサポートしてくれます。

一般的なイメージとしては、芸能マネージャーが行っている仕事がそうだと考えれば間違いありません。
では、マネージャーがいなかったとしたらどうなるでしょうか?

先ほども言ったように、タレントというのは会社の従業員ではなく、あくまで個人事業主です。ですから、待っていても仕事は向こうからやってきません。
よほど有名なタレントであれば依頼もあると思いますが、ほとんどのタレントは自分で売り込みをする必要があります。そこから契約交渉を行い、そしてスケジュールを組むまで、何もかもやらなければいけません。

とても、個人でやりきれるようなことではないですよね。
仮に仕事の時間に間に合わなかったり、ダブルブッキングなどをしてしまってはm一気に信用を失ってしまうことにもなります。

タレントの仕事は、あくまで演技や芸をエンターテイメントとして提供すること。
それに集中するために、多くのタレントは芸能事務所に所属しているわけです。もちろん、個人でやるより幅広い、大きな仕事のチャンスも増えることになります。

それだけではありません。

たとえば、活動中に何かアクシデントやトラブルがあったときにも、事務所は大きな力となってくれます。
特にタレントというのは、いつでもテレビや週刊誌など、マスコミの目にさらされています。スキャンダルがあったときなどに対応を誤ると、それだけでタレント生命が絶たれてしまうことも少なくありません。

芸能事務所というのは、そのようなリスクから、精神面から健康管理までふくめ、タレントを守ってくれる役割もあるのです。
では、どうすれば芸能事務所に所属することができるのでしょうか。

方法はいろいろありますが、スカウトやコネ、そしてオーディションを受けるのがもっとも一般的です。
多くの芸能事務所では、独自にレッスンを行うことで、より優れた人材を見つけることにも力を入れているのです。

ただし、ひとつだけ気をつけること。それは、芸能事務所とタレントではかならず事務所側のほうが力関係が強くなることです。そのため、自分の希望しない仕事ばかりを押し付けられてしまう、といったケースもよくあります。
芸能事務所を選ぶときには、自分がどのような活動をしたいのか、そしてどのようなサポートを必要としているのか、はっきり考えておく必要があります。

公式サイトから、所属しているタレントの活動や、事務所の方針などを確認すると、参考になります。

■参考動画

子役中心のレッスン映像です


地方の芸能事務所のプロモーションです


事務所の外観を紹介する動画です

-管理人による紹介記事

Copyright© 村上豊彦さんのこと、まとめました。 , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.