未分類

村上豊彦の幼稚園の思い出

投稿日:

家でじっとしているのが苦手で、特に予定が無かったとしても外に出て遊んでいることが多いという村上豊彦さん。そんな性格は幼稚園の頃から持ち合わせていたようで、屋内で絵本を読んだり昼寝をしたりするよりも、屋外に出て駆けっこをしたり、ボール遊びをしたりすることを好む活発な幼少期を過ごしていたのだそうです。

運動能力に関しても同世代の中では特に高かったようで、有り余る体力を抑え切れずに園内のスペースを所狭しと駆け回っていたのだとか。彼は現在、タレントとして舞台やコンサートなどのステージを中心に芸能活動を展開していますが、やはり幼少期から基礎体力が非常に高かったようですね。

しかしその一方で虫が大の苦手だったということで、アリやカブトムシと予期せず遭遇したときには、泣きそうになりながら助けを求めていたという微笑ましいエピソードも残っています。

今でこそ健康を第一に考え、野菜を多く摂取するようになったと話す村上豊彦さんですが、幼稚園の頃はかなりの偏食家で、お母さんから何を言われても聞かずに肉類ばかり食べていたということです。

「母親からはよく叱られていた」と本人が回想していますが、それもこれもすべて本人の健康のため。肉好きが好影響を与えたのか、それともお母さんによる必死の修正が実を結んだのかは分かりませんが、いずれにしても現在は180cmという立派な体格を持つ大人に成長しています。

この頃には星空を眺めることが大好きになったそうで、日が沈むと天体観測を始めるというロマンチストな一面を当時から持ち合わせていました。プロフィールにおいては趣味の項目に「天体観測」と記載することが多いという点を考慮すると、彼は小さい頃に好きになったものを今でも愛し続けられる、純粋な心の持ち主なのかもしれませんね。

ちなみに、もう一つの趣味として紹介されることが多い「海釣り」にハマったのは、幼稚園を卒園した後のことだそうです。幼稚園の時代から多くの友達に恵まれていたということで、小さな頃から元気で明るく、何事にも全力で立ち向かっていた彼は人気者としても知られていたようです。

今も気さくでファンサービスが良いと評判ですが、物腰が柔らかく、誰に対しても気さくに振舞っていたのは現在も幼稚園の頃も同様なのでしょう。

人の口からは語られていませんが、それだけの資質を秘めた子供だったのならば、この時代に既に初恋を経験していたとしても不思議ではありません。

-未分類

Copyright© 村上豊彦さんのこと、まとめました。 , 2018 AllRights Reserved Powered by micata2.